株式会社ネクステージ会社ロゴ
メニュー

数字に強くなるとはどういうことなのか?

「数字に弱いんですよね~」と言われるサロンオーナーさん。

 

dscf1585

果たして、【弱い】って実際はどういう事なんでしょうか?

計算ができない、理詰めに弱い、論理的に話されるのが苦手、

利益率やパーセンテージの出し方がわからない、何の数字を把握していいかわからない。

「数字に弱い」と一言でいっても、その範囲は広い!

それを一緒くたにして「数字に弱い」と言ってしまうと、ちょっと損します。

 

 

実際に数字の何弱いのか?そのあたりをちゃんと把握していないと、ずっと弱いままです。

と言っても、数字に弱いからと言って、経営できないかというと、一概にそうとは言えません。

でも、【数字に強い】方が、圧倒的に経営にするには有利です。

 

そもそも数字は、現実を具体的にわかりやすく教えてくれる物差しです。そして、世界の共通語です。

例えば、1と100 は100の方が大きいというのは、言葉で伝えなくても一目瞭然!

1万よりも100万持ってると言っている人の方が「お金持ち」って思いますよね☆

わかりやすい^^

 

そして、数字は、即座にそして、正確にその状況を伝えてくれます。

 

だから、「決算書を見れば、その会社の事がわかる」わけです。

自分のサロンの現状をうまく言葉で表現できなくても、デ-タを出せば、数字だけで状況を伝える事ができます。

私も、サロンの状態を把握するときは、せめて過去3か月間の売上と平均単価、新規予約、リピート数、全顧客数、損益分岐点を教えて頂きます。

そうすると、だいだいのサロン様子が把握でき、これが、ほぼ間違っていないから面白い!

 

数字は正直です。

 

「リピート率が上がりました!!」と報告を頂いても、実際に数字を出してみると変わっていなかったり、

ブログから集客できています!とおっしゃっていても、実際にデ-タ-を出してみると、チラシからの予約が多かったりします。

 

数字は、うまく行っている、いないを把握して、一喜一憂する為のものではなくて、

サロンの状態、お客様の状態、今何が起きているのか?を把握して、対策を打つためのメッセージです。

 

「数字に強い人」は数字からメッセージを読み取ることができる人です。

「数字に弱い人」は数字に振り回される人。

あなたは、どっちがいいですか?

 

●数字に強くなるワ-クシ-トもついてます↓↓↓

関連記事

そのSEO対策ちょっと待った!

「SEO対策しましょう! 検索で上位表示されるので、新規集客が有利になります」   こう言われるとついつい「じゃ、お願いします」と 言いたくなるかもし…

続きをよむ

人気サロン作りをもっと楽しむ方法 1

「楽しい」と「楽しむ」は違いますね^^ そして、人気サロンオーナーは【楽しむ】のが上手★ 仕事に集中しよう!と思っても、なかなか前に 進めない時期もありますよね…

続きをよむ

サロンオーナーに向いてる人ってどんな人?

  「正直に教えてください。 私、サロンオーナーとしてやっていけると思いますか?」   サロンオーナーとやっていけるかどうか? この判断って…

続きをよむ

不安を解消するために

あなたは、今、どんな事に 不安を感じますか? 集客、売上、お金の事、スタッフの事、 サロン経営全般、それとも未来の事!! と、不安要素を上げると、きっとキリがな…

続きをよむ

正解を探さない

最初からちゃんとしようとすると なかなか行動できません。   特に、仕事していると「正解」を求めてしまいがち。 「うまく行く正解」 「ちゃんとできる正…

続きをよむ