株式会社ネクステージ会社ロゴ
メニュー

集客する為に考える3つの事

「集客」をひとくくりにしても

 

集客できない、集客したいと思うのは

サロンオーナーさんだけではなくて、
その対象者は変わるものの、

商売していれば誰しも思う事です。

 

  • 79c78b50892dc3bec708352d0b5a22f5_s

もちろん、私も「集客」の事はいつも考えています。

 

その時に、注意しているのは
集客」をひとくくりで考えないという事。

 

「集客」を考える時には、大きく3つに分けて考えます。

 

1 お客様「誰に」
2 サービス内容「何を」
3 集客方法「どうやって

 

例えば、1お客様「誰に」がはっきり決まっていない場合は、
メッセージ性がずれている可能性が高いんですね。

 

その場合、どんなにいいサービスを提供していても、
どんなにお金と時間をかけて集客方法を整えても。

 

メッセージ性が弱いサービスは
お客様の心に届きません。

 

「こんなに頑張ってブログ書いてるのに・・・」
「毎日、一生懸命、SNSにアップしているのに・・」
と、思う時は、その方法論を見直す前に、

「誰に」見てほしいのか?
「誰に」届けたいのか?の

「誰」=「お客様」を明確する事です。

 

明確にする・・・って
一体どれくらい???かというと^^

 

仮想の人でもいいので、
1人の人物像を作りあげるほど明確にしましょう!

 

「お客様履歴書」を書くくらいの明確さです。
ここが明確になってくると、
2 サービス内容「何を」
3 集客方法「どうやって」がだんだん見えてきますから^^

 

これらの事がまとめてできる
ワークシートもついているのが
無料メール講座「30日で学ぶ!大人気サロンの作り方」です。

 

集客の事、ちゃんと考えたいオーナーさんは取組んでみてください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

関連記事

人気サロンオーナーになれる人

お客様が予約したい!   と思うときって どんな感情になった時でしょう…

続きをよむ

無料メルマガ 「伸びしろアリアリ~ノ」 配信ログ 6/19~23

読むだけで可能性が広がる!   無料配信サロンオーナー応援メルマガ 「…

続きをよむ

売れ筋商品はこうやって生まれる

売れ筋商品作りの順番   これは、実際に、 池袋妊活サロン「メルティ」…

続きをよむ

とっておきたくなるチラシ

実験してみました   例えば、同じようにポストに入っていても。 よく見…

続きをよむ

伸びフラvol.16 不快にならないポップの書き方のルール

さあ!毎週金曜は メルマガ読者さんのご質問・ご相談にお答えする【伸びしろフライデ…

続きをよむ