株式会社ネクステージ会社ロゴ
メニュー

個人サロンの人件費


サロンオーナーさんに
必ず伺う事の1つが「損益分岐点」

 

この中には、当然、オーナー自身の
給与も入ってるはずですが。

 

時々、損益に自分の給料を入れていない
オーナーさんがいます。

 

「今はまだ、利益がでていないので
出せるようになったら」

と、とても控えめなオーナーさん。

 

そんなオーナさんには
私は必ず言います。

 

「1万でも2万でもいいので
自分へ給料払ってあげてください」

 

そして、こういった現象は個人サロンによくありがちです。

 

もし、これがスタッフを雇用しているサロンだったら。
給料が支払えないって在り得ないですよね。

 

そういう私も、法人化するまでは給与としてちゃんと
支払っていない月も多々ありました。

 

そんな時、経営者の先輩から、こんなアドバイスももらいました。

 

「岡崎さん、ちゃんと給料はらわないと。それが例え自分でも。
それは、頑張っているもう一人の自分への対価だからね。それから、
そもそも、経営者であれば給料は支払うのは当然だから」

 

経営者であれば支払うのは当然。

 

この言葉を聞いて、自分は甘えてたな~と反省しました。
何に甘えていたかというと「自分一人」という環境に。

 

1人だからいいや~
自分の事だからいいや~

と、その環境に甘えていたなと。

 

1人サロン、個人サロン、おうちサロン。

 

1人でいつでも始められるという気軽さもありますが、
それが、足かせとなることもあります。

 

個人サロンの人件費、ちゃんと考えたいですね。

 

関連記事

個人サロンの人件費

サロンオーナーさんに 必ず伺う事の1つが「損益分岐点」   この中には…

続きをよむ

しなくてもいい!?お客様の絞込み

集客するには お客様の絞り込みをしよう!と 当たり前のように言われていますが・・…

続きをよむ

新規予約が入らない時に見直したい事

体験価格で安くしているのに!   どうして予約はいらないの??? と思…

続きをよむ

とっておきたくなるチラシ

実験してみました   例えば、同じようにポストに入っていても。 よく見…

続きをよむ

使える! 無料の予約フォーム

  新規予約を増やすのに   絶対に大切なのは 「予約の取り…

続きをよむ