株式会社ネクステージ会社ロゴ
メニュー

カードを使えるお店で気を付けたい事。

 

クレジットカードが使えるはお客様にとっては
便利ですが、サロンにとっては手数料が発生するので
ちょっとな・・・と。

 

経営しているので、可能な限り
コスト削減を考えるのは当然。
だから、カード手数料って考えますよね。

 

今日は【手数料】の扱い方について、
考えてみたいと思います。

 

さて、手数料をどうするか?

 

1.全額サロンが負担する
2. お客様負担にする
3.それぞれ半分負担

と、いづれも【誰が負担するのか?】が考えるところですよね。

 

これは、あくまでも私がお客として
サロンに行ったケースの事ですが。

 

「カードのお客様は手数料として5%頂きます」と
言われると、ちょっと「え?」って思ってしまいます。

 

「何で私が負担するの?」って。

 

特に、予約の際に、「クレジットカード使えます」とだけ
書いてあって、手数料についての表記がないサロンは
不愉快な気分になりますね。

 

なので、手数料をお客様負担にする際は、
「別途手数料がかかります」のように
ちゃんと表記しておいてほしいな~と思うのです。

 

クレジット手数料については、どちらが負担してもOKですが、
お客様にご負担いただく場合は、お客様が不快に思わないような
表記、ご案内が大切ですね。

関連記事

お客様が熱狂的ファンになる集客セミナー 基本編

お客様が熱狂的ファンになる集客セミナー 基本編  ~これだけはどうしても知っておいてほしい事~   この集客セミナーは、普通の集客セミナーとは全然違い…

続きをよむ

重大発表

人生、なにが起きるか、 本当にわからないですね。 でも、思った事が現実になるってことは。 今回のことも、知らないところで そうなるように私が思っていたことなんで…

続きをよむ

無料音声 そのこだわりが成功の秘訣

大人気サロンには、サロンを支えてくている 熱狂的ファンがいます。   4月20日配信 伸びしろフライデーvol.58の テーマは 「こだわり」 熱狂的…

続きをよむ

エステサロンの枠に嵌ってない?

「エステだから」 「リラクゼーションサロンだから」 「エステティシャンだから」 こうじゃなきゃいけない!! って、思っていませんか?   それって、ち…

続きをよむ

無料音声【これからはファンじゃなくて熱狂的ファン!】

大人気サロンには1つの共通点があります。   それは、そのサロン、もしくはオーナーさんの 【熱狂的なファン】がいることです。   長く続ける…

続きをよむ