記事を検索する

カードを使えるお店で気を付けたい事。

 

クレジットカードが使えるはお客様にとっては
便利ですが、サロンにとっては手数料が発生するので
ちょっとな・・・と。

 

経営しているので、可能な限り
コスト削減を考えるのは当然。
だから、カード手数料って考えますよね。

 

今日は【手数料】の扱い方について、
考えてみたいと思います。

 

さて、手数料をどうするか?

 

1.全額サロンが負担する
2. お客様負担にする
3.それぞれ半分負担

と、いづれも【誰が負担するのか?】が考えるところですよね。

 

これは、あくまでも私がお客として
サロンに行ったケースの事ですが。

 

「カードのお客様は手数料として5%頂きます」と
言われると、ちょっと「え?」って思ってしまいます。

 

「何で私が負担するの?」って。

 

特に、予約の際に、「クレジットカード使えます」とだけ
書いてあって、手数料についての表記がないサロンは
不愉快な気分になりますね。

 

なので、手数料をお客様負担にする際は、
「別途手数料がかかります」のように
ちゃんと表記しておいてほしいな~と思うのです。

 

クレジット手数料については、どちらが負担してもOKですが、
お客様にご負担いただく場合は、お客様が不快に思わないような
表記、ご案内が大切ですね。

関連記事

無料メルマガ サロン集客でリピートを増やす熱狂的ファンのつくり方 成約率10%から50%に、リピート率47%から80%に

無料メルマガ サロン集客でリピートを増やす熱狂的ファンのつくり方  成約率10%から50%に、リピート率47%から80%に。 >ご登録はこちらから< これは、た…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

サロン経営勉強会 セミナー情報  お客様が熱狂的ファンになるサロンを作る勉強会・セミナー予定

あなたのサロンのお客様が熱狂的ファンになる勉強会・セミナー開催予定表 起業前のサロンオーナーから、10年以上のベテランサロンオーナーさんまで。 それぞれのキャリ…

続きをよむ

保護中: 2019 秘密の勉強会

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きをよむ

なぜ、設定2か月目で100万の高額コースが売れたのか? それまでは回数券でも15万前後が最高額コースだった個人エステサロンを営むAさんは、起業して3年目。口下手…

続きをよむ

お金の巡りがよくなる!隙間時間の見つけ方

時は金なりというように   お金の巡りがいい人は時間の使い方も上手です。     時間の使い方が上手というのは、 バラ色の未来にな…

続きをよむ