株式会社ネクステージ会社ロゴ
メニュー

カードを使えるお店で気を付けたい事。

 

クレジットカードが使えるはお客様にとっては
便利ですが、サロンにとっては手数料が発生するので
ちょっとな・・・と。

 

経営しているので、可能な限り
コスト削減を考えるのは当然。
だから、カード手数料って考えますよね。

 

今日は【手数料】の扱い方について、
考えてみたいと思います。

 

さて、手数料をどうするか?

 

1.全額サロンが負担する
2. お客様負担にする
3.それぞれ半分負担

と、いづれも【誰が負担するのか?】が考えるところですよね。

 

これは、あくまでも私がお客として
サロンに行ったケースの事ですが。

 

「カードのお客様は手数料として5%頂きます」と
言われると、ちょっと「え?」って思ってしまいます。

 

「何で私が負担するの?」って。

 

特に、予約の際に、「クレジットカード使えます」とだけ
書いてあって、手数料についての表記がないサロンは
不愉快な気分になりますね。

 

なので、手数料をお客様負担にする際は、
「別途手数料がかかります」のように
ちゃんと表記しておいてほしいな~と思うのです。

 

クレジット手数料については、どちらが負担してもOKですが、
お客様にご負担いただく場合は、お客様が不快に思わないような
表記、ご案内が大切ですね。

関連記事

ホントは売上上げるのが怖いんじゃない?

口では「売上上げたい」と言っていたり、 心では思っているけど。 本音では、「売上あがるのが怖い!!」と思っている。 え?そんなワケないじゃん! 本気で売上上げた…

続きをよむ

桁違いの売上を上げるには

  桁違いの売上、例えば、今まで月商6ケタだったのを 7ケタの100万越えにしたいとか。   7ケタを8ケタの1000マンにしたいとか。 そ…

続きをよむ

カードを使えるお店で気を付けたい事。

  クレジットカードが使えるはお客様にとっては 便利ですが、サロンにとっては手数料が発生するので ちょっとな・・・と。   経営しているので…

続きをよむ

優秀な店内POPの書き方

サロン内に欠かせない「営業の右腕」といえば!   「店内ポップ」   エステサロンに限らず、 様々なところで「店内ポップ」を目にしますよね。…

続きをよむ

資格と売上の関係

もっと売上を上げたい!   そう思ったときに 「自分の技術がまだまだだからかしら・・・」 と、思うオーナーさんも少なくありません。   そう…

続きをよむ