記事を検索する

地域ナンバーワンサロンの作り方

個人サロンさんや、スタッフさん10人未満の小規模サロンさんが大人気サロンになる1つの方法は「地域密着ナンバーワンサロンになる」事です。

 

8210bcebd053374d7dd2b8313d53c7e6_s

地域の皆さんに愛される、愛され続けるサロンであれば、お客様が途絶えない「大人気サロン」になれます。

地域密着型サロンになるには、いくつか方法がありますが大切なのは決め手となるのは「地域愛」を伝える事

 

は、この地域(エリア名を入れてね)を愛してます!私は、この地域をこんな風にしたいです!!!私は、この地域の人たちが大大大好きです!!と、とにかく「地域愛」を感じるメッセージを伝えてみましょう。

 

技術の違いや、サロンの様子や、人が集まるフレーズやキャッチを考えたり、集客のやり方方法ばかりに必死になりすぎて、意外と、「地域愛」を伝える事ができていないサロンさん、多いですよ。

 

クライアントAさんは、地域密着型サロンをオープンして20年。

 

20年たった今でも地元の人に愛され続け、今は親子3代で通ってくるお客様も少なくないそうです。Aさんのサロンの周りには、同じようなサロンもいくつもありますがAさんのサロンはダントツで愛されています。それはAさんの平均年商を見ればわかります。なんとお一人で経営されていて平均年商2000万。この数字を継続できる事が愛されている証拠です。

 

そんなAさんが、必ずやっている事があります。それは、その土地が大好きで、そこに住んでる人が大好きで。なぜ、そこにサロンをオープンしたのか?なぜ、この町が好きなのか?これから何をしたいのか?をとにかく、いつもお客様に伝えていらっしゃいます。きっとこの地域愛の熱がお客様に伝わって、大人気サロンとなっているのではないでしょうか?

 

あなたも経験した事ありませんか?出身地が同じだと急に親近感がわいて仲良くなれる。出身地をほめられるとなんとなく嬉しくなる。褒めてくれた人にも好感が持てる。何か特別な事を言われているワケでもないのに、嬉しくなる。自分が生まれた場所や、自分の住んでいる地域はその人にとっては特別な意味を持っていますよね。だから、そこを褒められると、好きと言われるとなんとなく自分の事を褒めてもらったような、好きと言ってもらったような気持ちになるのではないでしょうか?

 

地域密着型のサロンを目指すなら。どこでもやっているような集客方法+煽るようなキャッチコピー、やりすぎの割引ではなくて、どこのサロンよりも「地域大好き」の思いを伝え続けてみてださい。もしくは、なぜ、あなたがその場所でサロンをオープンしたのか?その理由をひも解いてみるのもいいですね。なんとなくかもしれません、たまたま自宅がそこにあったからかもしれません。でも、そこでオープンするには、他にも理由があるはずです。それを、チラシに書いてみたり、ブログにアップする。もしくは、お客様に話してみる。そんなちょっとした事ですが、割引するよりもお客様の心を鷲掴みにする事、間違いなしです。

 

 

★「お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方」のもっと詳しいことは、こちらの無料メルマガで書いてます メルマガ読者さん特典もあります★
ぜひ、ご登録ください。

 

関連記事

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

>ご登録はこちらから<     これは、ただのメルマガではありません。 サロンの集客、リピートを増やすノウハウだけではなくて、むしろ、それを…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

アーユルヴェーダを活かす経営塾 【通学】

サロン経営を通してアーユルヴェーダ素晴らしさを正しく丁寧に伝えたい、そんな共通のテーマを持った皆さんと、経営する上において必要な考え方、方法を共に学び、サロン経…

続きをよむ

10年以上のサロンオーナーインタビュー フルムーンライツ 磯部百香さん vol.3

サロン経営10年以上継続できるサロンは0.3%と言われる中、 10年以上続いているサロンオーナーさんをご紹介します。 フルムーンライツサロンオーナー磯部百香さん…

続きをよむ

最高売上達成しました

お名前 匿名希望さん コンサルティング期間  2019年1月~2019年 6月まで 業種 エステサロン   弊社のコンサルティングを選んだ理由は? &…

続きをよむ

女性が起業して生涯現役で仕事をするための心構えセミナー

  「起業に向いてないと言われたのですが・・・でも、やってみたい」 起業に向いてるか?向いてないか?これは起業する前も、そして、起業してからも悩む事が…

続きをよむ