株式会社ネクステージ会社ロゴ
メニュー

高いわねと言われた時の対処法

こんな時、ちょっと躊躇しませんか?

 

お客様に、「それ、おいくらですか?」と
聞かれて。

「これは、○○円です」と、お答えした時に。

「高いわね~」

と、言われた時。

 

自分でも「ちょっと高いかな・・・」と思っていると
心の中で「ですよね…」とつぶやいてしまって。

 

すっかり弱気になって、それ以上は言えない!

で、結局、お伝えしたい事の半分も言えずに
トーク終了・・・

 

そして、

「やっぱり、売るの難しい」
「営業苦手」となって、ますますトークができなくなったり、
価格を下げてしまう。

 

でもね。

 

価格を下げたところで、
解決はしないよね~ってこと、

あなたも気づいていると思います。

 

では、どうすればいいかというと。

 

こんな時はですね。

「理由」を考えるんです。

どうして、その価格にしているのか?という
「理由」です。

そもそも、販売しているあなたが「高い」と思っていると
売れませんよね。

 

「高い」と思っていても、それだけの価値がある!と
その価格に自信があって、どうしてその価格にしているかの
「理由」がはっきりしていれば。

 

例え、お客様に
「高いわね」と言われても。

 

「そうですね、高いですよね。
でも、高いには高いなりの理由あるんですよ。
それはですね~」と。

 

その理由をお伝えすることができる。

 

その「理由」にお客様が納得されると、
購入されます。

 

高くても、納得いく理由があり、その価値があると
思うものには、お金を払いたくなるものです。

 

●無料メール講座「30日で学ぶ お客様がファンになる大人気サロンの作り方」

関連記事

とっておきたくなるチラシ

実験してみました   例えば、同じようにポストに入っていても。 よく見…

続きをよむ

伸びフラvol.16 不快にならないポップの書き方のルール

さあ!毎週金曜は メルマガ読者さんのご質問・ご相談にお答えする【伸びしろフライデ…

続きをよむ

優秀な店内POPの書き方

サロン内に欠かせない「営業の右腕」といえば!   「店内ポップ」 &n…

続きをよむ

お客様の喜びのツボ

お客様に喜んで頂く為に   ちょっとした気遣い、心使いって 嬉しく感じ…

続きをよむ

次回予約の正解

次回予約が入るサロン   人気サロンって、リピート率が高い★ 次回予約…

続きをよむ