記事を検索する

高いわねと言われた時の対処法

こんな時、ちょっと躊躇しませんか?

 

お客様に、「それ、おいくらですか?」と
聞かれて。

「これは、○○円です」と、お答えした時に。

「高いわね~」

と、言われた時。

 

自分でも「ちょっと高いかな・・・」と思っていると
心の中で「ですよね…」とつぶやいてしまって。

 

すっかり弱気になって、それ以上は言えない!

で、結局、お伝えしたい事の半分も言えずに
トーク終了・・・

 

そして、

「やっぱり、売るの難しい」
「営業苦手」となって、ますますトークができなくなったり、
価格を下げてしまう。

 

でもね。

 

価格を下げたところで、
解決はしないよね~ってこと、

あなたも気づいていると思います。

 

では、どうすればいいかというと。

 

こんな時はですね。

「理由」を考えるんです。

どうして、その価格にしているのか?という
「理由」です。

そもそも、販売しているあなたが「高い」と思っていると
売れませんよね。

 

「高い」と思っていても、それだけの価値がある!と
その価格に自信があって、どうしてその価格にしているかの
「理由」がはっきりしていれば。

 

例え、お客様に
「高いわね」と言われても。

 

「そうですね、高いですよね。
でも、高いには高いなりの理由あるんですよ。
それはですね~」と。

 

その理由をお伝えすることができる。

 

その「理由」にお客様が納得されると、
購入されます。

 

高くても、納得いく理由があり、その価値があると
思うものには、お金を払いたくなるものです。

 

★もっと具体的な考え方、そして、高いとか関係なく
あなたから、買いたいの~!を言われるお客様があなたの熱狂的ファンにする大切な事、
メルマガでお伝えしています★

無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」

関連記事

お客様が熱狂ファンになるサロンの作り方

>ご登録はこちらから< これは、ただのメルマガではありません。 サロンの集客、リピートを増やすノウハウだけではなくて、むしろ、それを使いこなせる考え方と、あなた…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

最近、どんな失敗した?

最近、失敗したな~って思ったことありますか?  私は、つい最近、近年まれにみる【失敗】をしてしまった!!!  ってことに気づいて。   モーレツに自己…

続きをよむ

私がお客だったらこんな人に接客してほしい 

先日、月1回のヘアサロンに行ったときの事。      いつも、私のカラーリングを担当してくれる メンズ君が、 開口一番にこう言いました。 &…

続きをよむ

サロンメニューの単価アップするもう1つの方法

サロンメニューの価格を上げて単価アップしたい。 でも、お客様のことを考えるとなかなか値上げできないし、今までのお客様が離れていくような気がして、値上げに踏み切れ…

続きをよむ

こんな人はリピートしない法則

サロンにはちょっと面白い「リピートしないあるある」がありますよね。 例えば、こんな感じ。   「はい!絶対、やりたいので次も来ますね!」 「それ、いい…

続きをよむ