株式会社ネクステージ会社ロゴ
メニュー

優秀な店内POPの書き方

サロン内に欠かせない「営業の右腕」といえば!

 

「店内ポップ」

 

エステサロンに限らず、
様々なところで「店内ポップ」を目にしますよね。

 

店内ポップは無言で優秀なセールスマンです。
だから、「ポップ」を使わない手はないです★

 

特に、

 

「口下手で~営業するのが苦手
しつこいと思われるかしら・・・」

と、本当は販売したい商品や次回予約のご案内などあるのに
なんとなく言えない。。。

というオーナーさんは。

無言のセールスマン「店内ポップ」に
じゃんじゃん「営業」してもらいましょう!

その為には・・・

 

お客様にどうしてもらいたい?

 

サロン内のポップを
無言で優秀な営業マンにするには、
ちょっとした考え方のコツあります。

それは★

「それを見た、読んだお客様にどうしてほしいのか?」

を、明確にして作る事です。

 

例えば、お客様から
「あれって何ですか?」
と、聞いてきてほしいな~と思えば、

 

「この商品が気になる方は、○○まで!」
の一言を必ず入れてみるとかね。

 

実は、店内POPの書き方で悩んでいるオーナーさん、
多いんです。

 

そんなオーナーさんのお悩みに音声でお答えしています。

 

「店内ポップ」についての
詳しいことはこちらの音声「伸びしろフライデー」でも
お答えしていますので、気になる方は聴いてみてください^^

 

★伸びしろフライデー vol.5
「口下手でも売れる!とっておきの方法」

 

●あなたも読むだけで可能性が広がる
サロンオーナー応援メルマガ「伸びしろアリアリ~ノ」に登録して
「伸びしろフライデー」に相談してみませんか?

無料メルマガ「伸びしろアリアリ~ノ」ご登録はこちら

 

関連記事

優秀な店内POPの書き方

サロン内に欠かせない「営業の右腕」といえば!   「店内ポップ」 &n…

続きをよむ

売れる!商品ディスプレイ

商品を売るには!   トーク力を磨くことも大切ですが・・・ &nbsp…

続きをよむ

販売が苦手でも回数券が売れる方法

  サロンオーナーさんの中には 「口下手で、売れません」 「セールスす…

続きをよむ