記事を検索する

サロンメニューの単価アップするもう1つの方法

サロンメニューの価格を上げて単価アップしたい。

でも、お客様のことを考えるとなかなか値上げできないし、今までのお客様が離れていくような気がして、値上げに踏み切れないサロンオーナーさん。

そんなとき、こっそり単価アップするとっておきの方法があります。

 

それが、「ピンクダイヤ作戦!」

 

って、これはこんな作戦のことです^^

単価アップする時は。

 

メニューごとに、1000円アップ、2000円アップと
考えるのも1つです。

 

ですが、一気にドーンと。
しかも自然に単価アップするには!!!!

 

「最高に完璧なあなたのサービスメニューを考える」

 

もし。

 

 

お客様がね。

 

「お金にも時間にも、糸目はつけません。
だから。とにかく私を最高にハッピーになる
メニューを提案してください!」

 

と。

 

 

言われたら?????

 

あなたは、どんなメニューをコーディネートしますか?

 

そこは、制限も遠慮もとっぱらって!
出し惜しみをせずに。

 

考えてみましょう~~~!

 

そして、最終的にコーディネートが決まったら。
価格を決めて。

 

「○○パーフェクトスペシャルコース」

 

にして、お客様にお披露目してください。

 

高額商品が1つあると、
お客様の感覚が一気に広がります!

 

よくね、ジュエリー展にいくと、一番目立つところに、
厳重なガラスケースに入った
「ウン十億のダイヤ」が展示してありますよね^^

 

それって。

 

絶対に買えない~~!!思っても。

 

一度はこの目で見たいじゃないですか~~

 

「いち、十、百、千、万 十万、百万、千万・・!!!!」

 

って、

 

ゼロの数を数えたりしてね、

 

でも、不思議とそのあと。

 

300万のジュエリーみると
「あれ?なんか安いかも?!(笑)」となって
更に「30万」のネックレスみると、
「これくらいなら買えるかな~」となる(笑)

これ、これ、です~~~!

 

これ、自然に単価アップできます。

 

ピンクダイヤ的なコースがあれば、
他のコースの価格を数千円アップしてもOKですし、
なかには、他の商品も一緒に~~なんてことになったりもします。

 

そして、たまには、「こんなの買う人いないよね~」と、
思っていた高額メニューが売れることもありますから!
更に、あなた自身の価格に対する
考え方もガラッと変わるきっかけになりますよ^^

 

 

それとね、サロンの価値と信頼もグッと上がります。
「へ~。このサロン、こんなこともできるのか~
やるじゃん!」

ってね。

 

だから、単価アップするには!

 

この仕組みを、あなたのサロンの中でも
実践しちゃえばいいんですよ^^

名付けて【ピンクダイヤ作戦】

これ、おすすめです。

 

追伸)

私、3億円のピンクダイヤ見て感激したんですよ~~
で、そのまま60万くらいのリング買った(笑)
まんまと嵌った!!

 

なので、私は、この単価アップの方法を。
「ピンクダイヤ作戦」
と、名付けてます。

 

★関連記事★

え?200万!?高額メニューの作り方

関連記事

お客様が熱狂的ファンになるサロンの作り方

>ご登録はこちらから<     これは、ただのメルマガではありません。 サロンの集客、リピートを増やすノウハウだけではなくて、むしろ、それを…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

アーユルヴェーダを活かす経営塾 【通学】

サロン経営を通してアーユルヴェーダ素晴らしさを正しく丁寧に伝えたい、そんな共通のテーマを持った皆さんと、経営する上において必要な考え方、方法を共に学び、サロン経…

続きをよむ

10年以上のサロンオーナーインタビュー フルムーンライツ 磯部百香さん vol.3

サロン経営10年以上継続できるサロンは0.3%と言われる中、 10年以上続いているサロンオーナーさんをご紹介します。 フルムーンライツサロンオーナー磯部百香さん…

続きをよむ

最高売上達成しました

お名前 匿名希望さん コンサルティング期間  2019年1月~2019年 6月まで 業種 エステサロン   弊社のコンサルティングを選んだ理由は? &…

続きをよむ

女性が起業して生涯現役で仕事をするための心構えセミナー

  「起業に向いてないと言われたのですが・・・でも、やってみたい」 起業に向いてるか?向いてないか?これは起業する前も、そして、起業してからも悩む事が…

続きをよむ