記事を検索する

販売が苦手でも回数券が売れる方法

 

サロンオーナーさんの中には

「口下手で、売れません」
「セールスするのが苦手」

と、商品をおすすめしたり、チケット販売するのに
抵抗を持っている方が、多いです。

 

そんなオーナーさんのお話を伺ってみると。
以前、ご自身が何かしらの営業をうけて
「しつこいな~」「いやだな~」と思う経験をされていて。

 

その経験から「営業すると嫌われる」って
思い込んでしまっているケースと。

 

そういう場面に遭遇して、「あんな風には売りたくないわ」と
人のふり見て我がふり直せと、
ご自身ではトークするのを控えていらっしゃるケース。

 

と、他にもあると思いますが、

 

何かしら「営業は嫌だ!嫌われる」という
体験値から、「セールスするのが苦手」と思われているようです。

 

そして、このクライアントAさんもその1人。

 

「話すのが苦手で、説明するのが本当にできないんです。
販売できなくて・・・」と。

 

Aさんは、とても誠実で、知識・技術レベルも高く、
自信をもってサービスを提供できるスキルがあるにも関わらず。

 

「おすすめできない」
「チケットが売れない」

と、悩んでいらっしゃいました。

 

「お客様から言ってきてくれれば、話せるのですが~」とも。

 

そこで!
そんなAさんに、こんな提案をさせて頂きました。

岡崎「チケットも、お客様に選んでもらえるようにしてはどうでしょう?」
Aさん「選んでもらうって?」
岡崎「チケットの回数に、松竹梅と、ランクづけをしてはどうでしょう?」
Aさん「ランクづけ?」
岡崎「そうそう、パーフェクトを目指すなら松!と、最初に松をおすすめして」
Aさん「うんうん」
岡崎「それで、内容、金額、期間、時間等、お客様が問題なければ、松を購入されますよね?」
Aさん「そうですね」

岡崎「でも、松はちょっと・・・金額もそんなに払えないし~時間も…と言われた時に!」
Aさん「言われたときに?」
岡崎「では、竹コースもありますよ。これは、松に比べると○○が△△ですが、
★★さんであれば、この竹コースからスタートしても大丈夫ですよ~と、
次にお安めのコースをご紹介するんです」
Aさん「なるほど~。でも、それでもNGなら」
岡崎「その時は、梅ですね。まず、始める事が大切ですからね、と。
最終的には、どのコースにされますか?と、お客様に選んでもらうのがいいですよ^^」
Aさん「そうか~、それならできそうです!」

 

その後、Aさんは、松竹梅作戦を実行し★

 

見事、約1.5倍の単価アップに成功し、
今では、回数チケットも、どんどん販売されています^^

 

「この方法は、私の成功パターンです!!
これなら、売れます!」

と、成約率約70%を維持していらっしゃいます。

 

いかがでしょう?

 

松竹梅作戦と、ネーミングはちょっと古いですが(笑)
ぜひ、やってみてください。

 

●適正価格ってどうやって決めるの?それがわかるワークシート付
無料メール講座「30日で学ぶ お客様がファンになる大人気サロンの作り方」

関連記事

無料メルマガ サロン集客でリピートを増やす熱狂的ファンのつくり方 成約率10%から50%に、リピート率47%から80%に

無料メルマガ サロン集客でリピートを増やす熱狂的ファンのつくり方  成約率10%から50%に、リピート率47%から80%に。 >ご登録はこちらから< これは、た…

続きをよむ

サロンのお客様を熱狂的ファンにする無料メルマガ

あなたのサロンの熱狂的ファンがどんどん増える! ☆無料メルマガ「熱狂的ファン作り経営の心構え」 熱狂的ファンがいれば、サロン経営は丸ッとすべてうまくいきます!!…

続きをよむ

実績が出せるサロンオーナーの共通点

  実績が出せるサロンオーナーさんの共通点と言われると。 前向き、ポジティブ、キラキラしてるような印象ですが。 現実は、その逆で。 私が、今までお会い…

続きをよむ

サロンの新規集客しやすくなる集客方法の見つけ方

あなたが今の集客方法を決めたのはどんな理由ですか?   「ブログやると予約が入るらしい」 「集客するならFBは絶対、やった方がいいよね」 「チラシはほ…

続きをよむ

サロン売上が上がる習慣を身に着けようその習慣とは

突然ですが、あなたのサロンの現在売上はいくらですか? もし、この質問にサクッと正確に答えられたら。 きっと、あなたは、売上が上がっているはず! もしくは、これか…

続きをよむ

売上やお金の不安が押し寄せる時は○○を作る

今月売上大丈夫かな、来月は売上あがるかな、上がらなかったらどうしよう! サロン経営は不安定な要素を含んでるので、売上の浮き沈みに不安を感じる時がありますよね。 …

続きをよむ